ヨギボーカバーは定期的に洗った方が良い理由とは?

ヨギボーカバー,洗う,理由 ヨギボーカバー,洗う,理由

ヨギボーカバーは洗濯できるというのが大きなメリットですよね!

 

よくあるビーズクッションって、カバーを取り外すことができないですよね?ヨギボーより安いビーズクッションは売っていますが、洗濯できないため結局使い捨てになってしまいます。
逆に高くついてしまいますよね?

 

ヨギボーは、カバーを取り外すことができますし、カバーが別売りで販売しています。
なので、長く使うことができますので、初期費用はかかりますが、結果的にはいい買い物した~ってなるんです!

 

また、今回はヨギボーカバーを定期的に洗った方が良い理由についてもお伝えしていきます!

 

 

ヨギボーカバーを洗う時に守るべき注意点!

ヨギボーカバーは自宅で簡単に洗えることができますが、注意しなければせっかくのヨギボーカバーを傷めてしまうことになりますので、注意点について書いておきますね。

 

    ★ヨギボーカバー洗濯時の注意点

  • 洗濯機で洗う場合は「非常に弱いモード」を設定する
  • 漂白剤は使ってはいけません
  • 乾燥機を使う場合は、低温乾燥を使う
  • 干す時は陰干しする
  • アイロンは使わない

 

ヨギボーは非常に丈夫で、多少乱暴に扱っても問題ありませんが、上記の洗濯時の注意点は必ず守るようにして下さい!

 

もし、ヨギボーカバーが破れてしまった、汚れがどうしても落ちないという場合は、ヨギボーカバーのみ購入することもできますので、検討してみて下さい。

ヨギボーカバーの購入はこちら

 

 

ヨギボーカバーを洗うと縮む?縮んでいいんです!

ヨギボーカバーの素材は、乾くときに縮み、弾力性も増すという特徴があります。

 

ヨギボーカバー,洗う,理由

ヨギボーカバーは、低温の乾燥機ならOKですが、低温の乾燥機にかけることで、弾力性がかなり増すみたいです。

最近コインランドリーも増えてきて、高級なコインランドリーもありますので、低温乾燥モードがある場合もありますが、基本は低温乾燥モードはないと思って下さい。

 

コインランドリーで乾燥機を使う場合は要注意です!基本的には、ヨギボーを洗濯した場合は、陰干しあるいは部屋干しすると良いでしょう!

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、ヨギボーを洗濯して乾かすことで、ヨギボーは縮み弾力性が増します。
そのため、逆に洗濯しないでずっと使っていると、ヨギボーカバーは伸びてしまい、見た目のヘタりの原因になります。

 

また、ヨギボーのビーズ自体ノヘタりもあり、購入時にパンパンだったヨギボーは、しぼんでしまうのです・・・

 

左の写真が購入時、右の写真が約1年経過した写真です。
(実は、1年間ヨギボーカバーを洗濯していませんでした・・・・)

 

かなりしぼんだ感じに見えますよね?

ヨギボーカバー,洗う,理由 ヨギボーカバー,洗う,理由

 

そして、ヨギボーカバーを洗濯するとこんな感じになります!

 

カバーが縮んだ分、復活したように見えますよね?

ヨギボーカバー,洗う,理由

 

カバーが縮んだ分、ヨギボーを入れるのに結構苦労しました^^
ヨギボーカバー,洗う,理由ヨギボーカバー,洗う,理由ヨギボーカバー,洗う,理由

 

ということで、ヨギボーカバーは定期的に洗った方が清潔なのは当然ですが、ヘタり防止効果も期待できますので、1ヶ月に1回ぐらいは洗濯した方が良いのかなって思います♪

 

それでも、ヘタりを隠すことができなくなったら、補充ビーズや新しいヨギボーカバーの買い時かなって思います!

 

補充ビーズやヨギボーカバーの購入はこちら